外反母趾の治療法と予防法

外反母趾の治療法

ホーマン体操

ではお次はホーマン体操です。このホーマン体操も足の筋力アップを目的とした体操で、かつ自宅などでテレビ等を見ながらできるのでオススメの治療法になります。また、この体操をするなら入浴後がオススメです。入浴後は血行がよくなり、かつ精神的にリラックスしているので効果的な体操ができます。

では体操のやり方ですが、まず体操の前に準備としてできるだけ幅のひろいゴムで直径2~3センチのわっかを作って下さい。輪の中に足の両方の親指を入れて、少し緩いくらいでしたらOKです。

それができると、早速体操に入ります。まず裸足になり床に足を伸ばして座って下さい。座ったら、両足の親指にわっかをかけ両足のかかとをつけます。そしてかかとをつけたままわっかをつけた足の先を外側に開きます。

この時ゴムのわっかで引っ張られ、変形している親指が変形前の場所に戻っているはずですのでそれを目で見て確認してください。ちゃんと戻っていたら開いたまま5~10秒程静止します。5~10秒経つと、ゆっくり足を元の位置に戻してください。

体操のやり方は以上になりますが、この体操をする上での注意点を挙げておきますね。それは『足の親指が正常な位置にきちんと戻れているか確認する』と『かかとは離さない』の2つになります。両方ともしっかりできていないと効果も半減しますので、この2つは体操をする際常に気にしてやって下さいね。

やる回数としては開いてもどす、を1回として30回を1クールと数えそれを一日に2~3回ほどやってみてください。ちょっと回数が多いような気がするかもしれませんが、慣れればテレビ等を見ながらできますし時間もそんなにかからないので是非頑張ってみて下さい。もしやる回数が少なくなってしまっても、それを毎日続けることが大事ですので忙しい時なんかは一日の回数はできる位で毎日続ける事の方を重視してチャレンジして下さいね。

Copyright (C) 外反母趾 治療法と予防法 All Rights Reserved