外反母趾の治療法と予防法

外反母趾の治療法

サポーターやテーピング

自分でできる外反母趾の矯正で一番簡単なのが『サポーター』と『テーピング』になります。両方とも自分でできて手軽なので初期の外反母趾の方には特にオススメなのですが、利点だけではなく欠点もあります。ですので今回はその二つの利点と欠点を織り交ぜながらお話をしていこうと思います。

まずサポーターですが、サポーターの良い点として『手軽』『装着しやすい』『品数が豊富』が挙げられます。手軽と、装着しやすいは同じような意味になりますが、説明しますとサポーターというものは、手袋や靴下のように形が出来上がっているものを患部に、形に合わせて装着するものになります。

ですので持ち運びも手軽ですし、装着したいときに簡単にできます。次に品数が豊富、ですが外反母趾のサポーターを探すとおわかりいただけると思いますが、品数がとても豊富で薄さ・厚さから締め付け度合いまで数が豊富にあり選り取りみどりです。ですので自分の望むものが探しやすく、用途によって使い分けしやすいです。

次にサポーターの悪い点として、柔らかかったり伸縮があるものは体重をかけると足の締め付けがゆるくなり、足の形の矯正という目的が果たされにくいという事があります。もちろん締め付けのきついものや伸縮がないものもありますが、そういったものは今度は長い時間の装着が厳しくなり、やはり矯正という目的が果たされにくくなります。

では次はテーピングです。テーピングの良い点として『自分の足の形に合わせてオリジナルの物が作れる』『薄くて靴を履くときでも使いやすい』という2点が挙げられます。両方とも文字通り意味ですので、この二つに関してはあえて説明を省きますね。

次はテーピングの悪い点として、装着が難しい事を挙げます。これはテーピングをした事のある方はおわかりなんじゃないかと思いますが、テーピングというものはテーピング用テープ(見たことの無い方はガムテープを思い浮かべるとわかりやすいです)を自分の足の形に合わせて何通りかの形に切り、それをつなぎ合わせて患部に貼って患部の矯正をするものです。

ですのでまず自分の患部に合わせたテーピングの切り方を勉強し、切れたら今度は貼り方を勉強しなければなりません。ということで初心者にはちょっと敷居が高いのがテーピングになります。

以上、簡単にまとめてみましたがいかがでしょうか。両方とも利点・欠点がありますので、それを考えながら自分に合ったものを選んで下さいね。

Copyright (C) 外反母趾 治療法と予防法 All Rights Reserved