外反母趾の治療法と予防法

外反母趾にならない為に

自分に合う靴を選ぶ

外反母趾にならないようにする為に普段から自分の足にあう形の靴や、ちゃんとした自分のサイズを知っておくといいです。靴のサイズは大人になるとちゃんと測った靴のサイズではなく、高校生くらいの足の成長が止まった時から履いている靴のサイズそのまま履き続けている方が多いようです。

もちろんそのサイズの靴が足に合っているから履いているのでしょう。しかし、そのサイズの靴が足にぴったり合っていると思っていても実はそうではなかったりする事もあります。

足にぴったり合う靴というのは靴の先端とかかとがしっかりフィットしていて、横幅もきつく感じないものなのですが、それは個人の感覚によるところが大きいのです。ですので例えば締めつけのゆるいものが好きな人の場合、靴も本来のサイズよりすこし大きめのものを買ってしまったりという事があるのです。

ですので、一度シューフィッターさんが居る靴屋さんに行ってちゃんと靴と足のサイズを測ってもらうことをオススメします。また靴を買うときの注意点ですが、靴を履いた状態で足の指が曲がる事のできる靴を選びましょうね。ちゃんと測ってもらい足にあう靴なら大丈夫だとは思いますが、体の重心は足の親指・小指・かかとにかかるので、足の指がちゃんと踏ん張れるようにする為にも指が曲がるスペースのある靴を選ぶことはとても大事です。

それと同じ理由ですが、これも大事な事として靴を買うときにはかかとがちゃんとフィットしているかも確認して下さい。靴のかかとが大きすぎるとかかとの位置がふらついてしまい重心がかけにくくなりますし、靴のなかでかかとがすべって足の指の方が圧迫されてしまいます。

ですので靴を選ぶ時はシューフィッターさんに測ってもらった自分の足にあう靴を選ぶと共に、上記の2点に留意しながら快適に歩行ができるものを選んで下さいね。

Copyright (C) 外反母趾 治療法と予防法 All Rights Reserved