外反母趾の治療法と予防法

外反母趾の治療法(病院編)

手術をする際気をつける事

外反母趾の手術をする際の気をつける事ですが、それは外反母趾は手術だけで完全には治らないという事です。外反母趾の手術では腫れのある足の親指の根元の骨をけずったりして、足の形を正常に治すことになりますが、それで外反母趾の直接の原因である歩き方や筋力の低下が治るわけではありません。

外反母趾を完全に治したいのであれば普段の歩き方を改善したり、弱っている足裏の筋肉を鍛えなければなりませんので、手術をしてもしなくてもすべき事は変わらないのです。しかし先程書いたとおり手術は足の形を正常に治すものですので、その為痛みや腫れがなくなり歩き方の改善や筋力トレーニングなどの治療法がはかどるようになります。

ですので手術だけで治るものではないとちゃんと理解できていれば、手術をする事に意味が出来てくるのです。

また、手術をする際のもう一つの注意点として手術をする足が両足か、片足かになります。外反母趾の手術をする際は基本的に片足ずつですが、仕事などで休みが何度も取れない事情がありかつ体力のある方ですと両足一緒にすることも可能になります。外反母趾の手術といっても手術は手術ですので、両足一緒にすると体の負担もかかり、また手術後の安静期間も長引きます。それに両足の手術を一緒にすると術後の入院期間中歩けない期間が増えます。

片足だけの手術ですと、処置した足はもちろん術後すぐには歩けないのですが処置していないもう一本の足が使えますので、主治医の判断によりますが手術後早い段階で松葉杖を使って歩くことができる場合もあります。

結論として手術をする際気をつける事は『手術だけで外反母趾を完治させる事はできない』と『手術をする際片足だけか両足するかをしっかり考える』の二点になります。手術を考えている方はこの二つをよければ覚えておいて下さいね。

Copyright (C) 外反母趾 治療法と予防法 All Rights Reserved