外反母趾の治療法と予防法

外反母趾の治療法(病院編)

手術する場合

外反母趾が軽症の場合は歩き方の矯正や筋力トレーニング、またサポーターやテーピング等で治すことも可能ですが、外反母趾の症状が進行し変形や腫れがひどい重症になると最終手段として手術を勧められる事が多いようです。

また外反母趾の手術の目的としては足の親指の根元の腫れを除去し、正常な足の形に近づける事になりますので、足の変形を気にして手術を希望される方もいるようです。手術をすると足の親指の根元の腫れと親指の変形が改善されるので痛みも改善されますが、手術にはいろいろと欠点もありますので欠点と利点をしっかり考えて判断することが大事です。

では外反母趾の手術をする際ですが、まず外反母趾の症状が個人差の大きいものですので手術する際自然それに合わせた形となり、とても難しい手術になるだそうようです。ですので手術をしてもらうお医者さんを選ぶ際はできれば手術経験が多く、きちんと話ができて、外反母趾の手術について利点も欠点もしっかり話してくれる自分が信頼できる人を選びましょう。

次に外反母趾の手術の際の入院期間ですが、これは片足では1ヶ月くらい、両足ですと2ヶ月くらいになります。しかし入院期間が終わり退院したとしても、手術方法によっては足に骨を固定する金属を入れることもありますので、退院したあとまた処置をする為通院したり、経過観察のために通院したりがあります。

また外反母趾の手術にかかる費用ですが、健康保険が使えますので3割負担で大体10万~20万くらいになります。

以上が外反母趾手術の概要になります。外反母趾の手術は何度も書いてるとおり欠点も利点もありますので、手術を検討している方は慎重に考えて下さいね。

Copyright (C) 外反母趾 治療法と予防法 All Rights Reserved